本文へスキップ

静岡市清水区にある体質改善の鍼灸院。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.054-352-3139

静岡市清水区堂林二丁目21-12

症状別

便秘

・習慣性便秘
大腸の運動機能や排便反射の低下による便秘腹痛はないかまたは軽度で便意が起こりにくい。
便秘は長期間にわたり持続。

・過敏性大腸症候群
便秘、下痢を交互に繰り返す。腹痛や腹部膨満感がある。
便秘のときは兎糞状便(コロコロした便)精神的ストレスと関係が強い。
頭痛、だるさなど全身の症状を伴う事が多い。


東洋医学的な考え方

原因は大きく分けて三つ

・熱からの便秘
偏食、暴飲暴食などで「胃」に熱がたまると大腸に影響し便秘が起こりやすくなる。 口内炎、口が乾く、ほてり、寝汗、食欲旺盛などの症状も伴いやすい。

・ストレスからの便秘
ストレスなどの感情により五臓六腑の「肝」=(血をコントロール)に影響をすると、大腸の伝導機能が低下して便秘が起こりやすくなる。イライラしやすい、胸苦しさがある、喉に異物感がある、足がよくつるなどの症状も伴いやすい。

・気血低下からの便秘
様々な原因で気血=(エネルギー)がうまく作れなくなったり、巡らなくなると便秘が起こりやすくなる。便意はあるが排便困難、息切れ、だるさ、めまい、冷えなどの症状も伴いやすい。

他にもさまざまな原因は考えれます。
全身の状態を診て原因を診つけていき治療をしていくことで便秘は改善されていきます




症例

当院での症例を一部紹介します。
同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。



症例1 70代 女性

昔から便秘気味で2日に1回硬い便が出ていた。ここ最近間隔が長くなり4日に1回になり、腹が張る感じがする。イライラすることがあると間隔が長くなる。

経過
数回では便には変化がなかったが、約1カ月で毎日普通の便が出るようになった。


症例2 30代 女性

便秘、脂漏性皮膚炎便秘は半年前から。一週間出ない時もある。下剤で出している。便意をもよおすこともない。
3カ月前からまぶたが腫れ、左右の口角がしみて痛む。おでこ、顎に吹き出物ができやすい。

他の症状
生理痛がひどく、生理前日から二日間がとくに辛い。一か月に一度腹部に激痛が走ることがある。

経過
一週間後の2回目、口角のしみて痛むのはなくなる。便が一週間のうち、二日出るようになった。
まぶたの腫れは変わらず。
3回目、便は一週間で5日普通に出るようになった。まぶたは鍼後3日は調子がよくその後はまぶたが腫れ痒みもでる。生理痛は相変わらずひどい。
4回目、まぶたの腫れは一週間で1日だけあった。 便の出ない日は一週間で1日だけになった。
6回の治療でまぶた、便の状態は整う。一カ月に一度あった腹部の激痛もなくなる。


症例3 40代 女性

アトピー性皮膚炎で来院 アトピーと並行に便秘の治療
便秘は5年ほど続いている。仕事がある平日は全く出ず、休みの土、日の2回薬を飲んで出している。便意がない。

経過
5日後の2回目、便秘が解消され、薬を飲まず自然とほぼ毎日出るようになる。
その後もほぼ毎日便は出ている。

スギヤマ鍼灸院

〒424-0851
静岡市清水区堂林二丁目21-12
TEL 054-352-3139
FAX 054-352-3139
E-mail : info@sugiyama89.com


2017年12月
S  M  T  W  T  F  S
               01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31