本文へスキップ

静岡市清水区にある体質改善の鍼灸院。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.054-352-3139

静岡市清水区堂林二丁目21-12

症状別

胃痛、胃の不快感

東洋医学的な考え方

 

一般的に五臓六腑の「脾」「胃」(=消化器)の病変が原因です。

飲食の不摂生、ストレス(怒り)、冷えたものの摂りすぎなどで、

この「脾」「胃」が機能低下すると、そこに「湿」が発生し滞ります。

長い間「湿」が停滞することでそこに「熱」が発生し、その「熱」が影響し、
吐き気、上腹部に違和感、胃もたれ、食欲不振、胃痛につながっていきます。

 

また、「熱」以外に「脾」「胃」に余分な「水」が溜まることで機能低下になり胃の不快感にもなります。

この場合は腹部に「ポチャポチャ」という音が聞こえたりします。




症例

当院での症例を一部紹介します。
同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。

 

症例1 7歳 女性

 

元々食も細く、お腹が空くが食べるとすぐに満腹感が出る。

その後に胃のあたりが気持ち悪くなる。

 

他の症状として

便秘がひどい、腹痛、鼻炎

 

経過

鍼後、食べる量が増え親も驚いていた。

胃の気持ち悪さは多少残るが、

3回目の治療後には、食後の胃の気持ち悪さも消える。

長年悩んでいた便秘も6回目の治療時でほぼ完治。

 

  

 

症例2 40代 女性

 

急性胃腸炎になり、病院で薬を出してもらい、

全体の症状は落ち着いたが、

胃のムカムカは二週間経っても治まらない。

食の量も少ない状態が続く。

 

他の症状として

口の中が苦い、頭のふらつき、動悸、吐気

 

経過

一回目の後から胃の状態、他の症状もよくなってきたが、

まだ辛い時間もある。

2回目の治療で胃ムカムカ、他の症状もなくなる。

 

この方はストレス、環境の変化ですぐに胃の症状が出てきます。

今も胃の症状が出るたびに治療はしています。

治療の間隔は始めに比べてだいぶ長くなっています。

 

 

 

症例3 30代 女性

 

子供のころから胃酸過多と病院に言われてきていた。

胃がもたれることが多い。食欲は旺盛だったり不振になったりと乱れが多い。

胃の膨満感もあり、ひどくなると吐気にも繋がっていた。

 

他の症状として

口内炎、口角炎、便秘、口が渇く、立ちくらみ、めまい、頭痛、

首の痛み、膝の痛み、腰痛、足の冷え

 

経過

三回の治療で胃の状態はよくなり気にならなくなる。

しかし、職場のストレス、季節の変わり目で

胃の不調が出ることがある。

今は一回の治療すれば胃の不調はすぐに治まるようになる。

乱れた時に胃を整える治療を現在も継続中。

他の症状は全体に落ち着いている。

 

 

スギヤマ鍼灸院

〒424-0851
静岡市清水区堂林二丁目21-12
TEL 054-352-3139
FAX 054-352-3139
E-mail : info@sugiyama89.com


2017年12月
S  M  T  W  T  F  S
               01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31