本文へスキップ

静岡市清水区にある体質改善の鍼灸院。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.054-352-3139

静岡市清水区堂林二丁目21-12

症状別

夜尿症 

乳幼児期は排尿反射抑制機構が未発達なため、一定量の尿が膀胱に溜まると無意識に

反射的に排尿が生じる。しかし、成長するにつれて、排尿調節機構が完成し、

夜間睡眠中でも起きて排尿できるようになる。通常、排尿機構が完成する4歳以上になっても、夜間のおねしょが続く場合を夜尿症という。

 

東洋医学的な考え方

 

東洋医学の「腎」は尿の貯蔵、排泄を主っている。「腎」の機能低下で尿を制約できないと夜尿症が起こる。

また「腎」を温める機能が低いと、寒がりになり末端の冷えなどを伴う事もある。

 

症例

当院での症例を一部紹介します。
同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。

 

症例1 6歳 女性

 

一週間のうち半分はおねしょをしてしまう。

 

経過

一週間で3回、2回と減っていき、

三回の治療で一時的に治る。

アイスを多く食べてしまう日はおねしょをしてしまう。

5回の治療でおねしょすることはなくなる。

 

 

症例2 10歳 女性

 

毎日おねしょをしてしまう。本人は朝まで全く気が付いていない。

 

他の症状

少食、足の冷え

 

経過

一回目の治療後からおねしょの量が減る。おねしょしない日が一日あった。

三回目の来院時には一週間のうち四日おねしょをしていない。

その後も一週間に一度の治療でおねしょの回数は減っていき、

一週間に一度もおねしょしない日が増えた。

治療間隔も伸ばしていき、約半年で完全におねしょすることはなくなった。

 

 

スギヤマ鍼灸院

〒424-0851
静岡市清水区堂林二丁目21-12
TEL 054-352-3139
FAX 054-352-3139
E-mail : info@sugiyama89.com


2017年12月
S  M  T  W  T  F  S
               01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31